最上の格式を誇るミセスの第一礼装

裾の部分だけに模様づけがほどこされたきものを、留袖と呼びます。
地色のちがいによって黒留袖と色留袖の2種類があり、どちらも最上の格式を誇るミセスの第一礼装です。
とくに多く装われるのは結婚式。新郎新婦の身内や親戚として出席する場合は留袖を装うのがミセスのマナーです。
とりわけ、仲人や新郎新婦の母親以外の方には色留袖がおすすめ。
黒にまとまりがちな祝宴に華やかな彩りと豊かな情感をそえるきものとして、
兄弟姉妹やいとこ、甥、姪の結婚式などに最適です。
五つ紋が正式ですが、三つ紋、一つ紋にすればあまり格にこだわらず多彩なシーンでお召しいただけます。


 黒留袖

黒留袖   言祝ぎ、豊かに

祝福の席に心豊かな風格と華やかな気品を添えるのは、
女性としてのキャリアを重ねたミセスの務め。
束ね熨斗に舞鶴、春秋の草花をあやなした文様美はとても華麗で、ゴージャスで、
それでいて美しい品性もたっぷりとあでやかさとおだやかさを合わせもつ装いです。











 色留袖

黒留袖   結納・結婚式

仲人婦人や新郎新婦のお母さま、
親族の方の祝福の想いを彩り豊かに高める装いとして。
言祝ぎの吉祥文様が気品高い地色に映えて、
いっそう晴れやかな礼装美を物語ります。





















DMAE